ペルーの食文化、食べ物は日本人に合う最高の料理

外国人 彼氏 海外

ペルーの食文化や食べ物は、日本にいるとほとんど出会うことはありませんよね。

でも、実はペルーの食文化や食べ物って最高においしいんです!

 

しかも、私たち日本人の口に合う味付けがほとんど。

その理由や、どんな食べ物がおススメなのかトップ7をご紹介します。

この記事では、次のような内容をお話ししていきます。

  • ペルーの食文化、食べ物は日本人に合う最高の料理
  • ペルーの食べ物でおススメTOP7

 

ペルーの食文化、食べ物は日本人に合う最高の料理

外国人 彼氏 海外

ペルーの食文化や食べ物は、日本人の口に合う料理が多いんです。

私が勝手に解釈している理由は、日本人や日系ペルー人が多いからだと思っています。

そして、ペルー人が「いいものはすぐに取り入れる」という国民性も影響してるんじゃないかな?とも思っています。

 

ペルー人は何よりも「ペルーの料理」がおいしい、ということに誇りを持っています。

PONJA

誰に聞いても「ペルー料理はおいしい」と答えます。

それもそのはず、全世界でおいしい料理のランキングで1位をとったこともあるくらいです。

私個人的にも、料理自体の美味しさで言えばペルー料理の方がおいしいと思います。

 

PONJA

ペルー人は「いい」と思ったら、すぐに素直にまねをします。(笑)

いい意味でも悪い意味でも。(笑)

そのため、他の国の料理も真似たり、アレンジしてみたりして、その結果ペルーにはたくさんの「ペルー×異国」の組み合わせの料理がたくさんあります。

だから料理がおいしいんですよね~。

 

日本料理もそのうちの1つです。

ただ、他の国と少しだけ違うのは、元祖ペルー料理にも「醤油」などの日本調味料が使われていることです。

 

私たち日本人の祖先である人たちは、約120年前にペルーへと移住をしました。

そして、そこで醤油をはじめとする「調味料」や「日本料理」を伝えてきたんです。

それをペルー人たちが自分たちの料理にも取り入れ、ペルー料理にも日本料理に使われる調味料が使われるようになりました。

そのため、日本人の私たちの好みにも合う味付けをしているんです。

PONJA

 

逆に言えば、その味付けになれているペルー人も多いので、日本料理を好むペルー人も多いです。

ペルーに来ると、「日本料理っておいしいよね」って言ってもらえます。

食の味付けの好みが似ているからだろうな~と私は思います。

 

ペルーの食べ物でおススメTOP7

 

ペルーに来たら、ぜひ食べてほしいと思う食べ物は次の7つです。

本当はまだまだたくさんあるんですが、7つだけに絞るとこんな感じかな~。

でも、超迷ったんですよ。(笑)

 

① Ceviche(セビーチェ)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

これは、まさにペルーを代表する料理!

いろんな種類のセビーチェがあるんですが、これは魚だけが使われたセビーチェです。

 

生の魚に塩とレモンで味付けをした、とってもシンプルなもの。

ただ、レモンは日本にあるレモンと違って、ライムのような形をした小さなレモンです。

そのため、味は日本のレモンよりも酸味が強く、サッパリとした仕上がりになります。

 

レモンの酸味で魚が柔らかくなり、生の魚とは思えない柔らかい触感をしています。

そこに添えられたサツマイモなどが、より美味しさを引き立てるんです!

使われているレモンはペルーにしか存在しないので、これはペルーで食べることを絶対におススメします。

 

 

② Arroz Con Mariscos(アロースコンマリスコス)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

セビーチェを食べに行ったら、一緒に頼んでほしいのがアロースコンマリスコス。

これは日本料理で言うと、炊き込みご飯のような感じです。

 

使われている素材は海鮮類。

味はペルーに存在する「アヒ」という調味料がメインで使われています。

アヒは生で食べるととっても辛いんですが、火を通すと辛くなくなる不思議な食材です。

 

このアロースコンマリスコスも辛くないので安心して食べられます。

この味は食べてみないと説明が難しい・・・。(笑)

とにかくおいしいので、おススメです。(笑)

 

これと同じように、鳥肉で作られたものもあります。

それは「アロースコンポヨ」という料理です。

海鮮類よりもお肉の方がいい!という方は、そちらもおススメです。

 

③ Chicharon(チチャロン)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

チチャロンは、日本でいう揚げ物です。

白身魚やタコ、イカなどをはじめとする海鮮類を使った揚げ物です。

 

添えられているのは「Yuca」というイモ。

「ユキタフリータス」と呼ばれています。

これもペルーにある芋で、日本にある芋とは味が少し違います。

 

タルタルソースと合わせて食べる料理です。

これもセビーチェやアロースコンマリスコスと一緒に海鮮系のお店で食べることができます。

 

 

④ aji de gallina(アヒデガジーナ)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

ペルーの家庭料理でよく出てくるのがこれ!

クリームシチューのような味で、もっととろみがあります。

使われているのは、クリームシチューにチーズがたっぷりというイメージだとわかりやすいです。

 

クリーミーで美味しいのですが、毎日食べるには重たい感じ。(笑)

友達の家に行くと、よく出てきます。

お店で食べるというよりは、家庭料理と言う感じです。

 

⑤ Lomo saltado(ロモサルタード)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

だいたいどこのお店に行っても、メニューにあるのはこの料理。

私の彼も大好きな料理です。

 

味はまさに「醤油」が入っている味付け。

でも、トマトも使われているので、トマトソースに醤油を入れた感じの味付けを想像すると近いかと思います。

「ご飯」と「おかず」といった感じで食べられる、かなり日本食に近い料理だと思います。

 

野菜炒めでお肉がたっぷり版!のような感じかな~?

ペルーで大人気の料理です。

 

⑥ maki(マキ)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

元祖は完全に日本料理です。

しかし、それがいつの間にかこんな形に。(笑)

 

入っている具は揚げ物や海鮮類など様々。

アボカドが使われていることも多いです。

お店によって味もたくさんあるのですが、巻いたもの自体を揚げていたり、ソースをかけているものもあって、かなり面白いです。

 

日本の巻きとは全然違うので、ペルー料理の1つとして見てもいいくらい。

ペルーにある日本料理店で食べることができます。

 

⑦ empanada(エンパナーダ)

外国人 彼氏 海外 ペルー料理

見た目はパンのような形をしていますが、作りはカレーパンのような感じです。

中にミンチ状にされた具が詰まっていて、多くは「鶏肉」や「牛肉」がメインで作られています。

他にも、先ほどご紹介した「アヒデガジーナ」だったり、「ロモサルタード」が入っているエンパナーダもあります。

 

エンパナーダは南米全体で人気の食べ物で、チリに行ったときにも食べました。

でも、生地や具の味付け具合はペルーの方が断然おいしいです!

生地は薄めで、オーブンで焼いたものと、油で揚げたものの2種類があります。

 

油で揚げてる方がおいしいです。

もちろん。(笑)

でも、オーブンで焼いたものも美味しいですよ♪

ペルーでタクシーに乗るなら、UberかBeatを使う6つのメリット

ペルーのサッカーが熱い!でも、スタジアムではアルコールNG!?