外国人彼氏の嫉妬は、別れ話になる!【絶対にやってはいけないトラブルを招く5つの行動】

外国人 彼氏 海外

外国人彼氏が嫉妬をするのって、どんな時なんだろう?

外国人彼氏に嫉妬されて困っている。

このように、外国人彼氏の嫉妬について悩むことってありますよね。

 

私がこれまで付き合ってきた外国人彼氏との関係で、「嫉妬」された内容や、その嫉妬の結果どうなったかをご紹介します。

この記事では、次のようなことを書いていきます。

  • 外国人彼氏が嫉妬をする時ってどんな時?
  • 外国人彼氏の嫉妬は別れ話になる
  • 外国人彼氏と交際をするうえで、トラブルを招く5つの行動

 

外国人彼氏が嫉妬をする時ってどんな時?

外国人 彼氏 海外

外国人彼氏が嫉妬するときは、私の経験上「異性関係」を目の当たりにしたときだと思います。

そして、その結果「別れ話」に直結することさえあります。

 

外国人彼氏と交際を始めたころ、「やきもちを焼いたりする?」と聞くことって多いですよね。

私がお付き合いしてきた外国人男性(南米人がほとんど)は、「やきもち・・若い頃は焼いてたけど、今はあんまり焼かないかな~」なんて言い方をされます。

確かに、20代前半までは南米人同士で交際をすると「やきもち」はもう強烈。

でも、だいたい20代半ばくらいから落ち着いてくる傾向はあります。

 

とはいっても、私は日本人だし、男関係とかもルーズじゃないし、そんなトラブルになることなんてないでしょ~。

PONJA

それに、私のこれまで交際してきた南米人男性はみんな穏やかな性格の人ばかり。

全然大丈夫でしょ。

と、思っていたのですが、そんなことありませんでした。(笑)

 

南米ではクラブのような踊れる場所がたくさんあります。

普通のバーとかでも、踊ったりすることもあるくらい、みんな踊るのが大好き。

そういった場所には、パートナーがいる場合にはパートナーと一緒に訪れることが多いです。

それは「お互い浮気なんてしないよ、君だけ」みたいな、暗黙のルールがあるからだと思います。

 

そこでは独特の暗黙のルールがあります。

  • 「友達同士」であれば、異性の友達とも踊ってOK
  • その踊り方が近すぎたりするとNG
  • あくまでも一定距離を保って踊ること

私はそのことを頭に叩き込んでいたので、心配ないだろうと彼と一緒に楽しんでいました。

PONJA

すると、彼の友達が私に近づいてきて踊り始めました。

 

彼の友達だと紹介を受けていたので、踊ってもOKなのかな、と思って踊っていると・・・

グイっと引き寄せられ、なぜか超近い場所に!

そして彼を見ると、顔がキレてる!!!

 

そこから彼は「帰る」と言い出し、その帰り際に「別れよう」といわれました。

確かに、踊ってた距離が近くなって私も驚いたけど、まさか彼の友達にそんなことをされるとは思わず予想外で私アタフタ。

結局彼は怒りがおさまらず、「帰る」といって去ってしまいました。

 

普段冷静で穏やかな彼がキレてる。

でも、私自身はルールを守っていたはずなのに・・・と思ってどうすればいいかわからず、路上で泣き崩れました。

すると、彼が戻ってきて「とりあえず家に入ろう」と言って、家に送り届けてくれました。

そのあと、きちんと話をして仲直りはしたのですが、彼が起こった理由はこうでした。

 

友達と言っても、クラブで誘われたら「断る」のが基本

 

ということでした。

友達同士だったら踊ってもいいよ、というのは方便のようなもので、本当は踊っちゃダメだったみたいなんです。(笑)

踊ってもいいのは本当に彼の親友のような「信頼」のある友達だけで、その他の友達はNG!とのこと。

 

そして、私はこれをきっかけに思い出しました。

これまでの南米人の彼氏が「別れよう」と言ってきた「きっかけ」は嫉妬や不安がほとんどだということを。

 

  • 君のことは愛してる、でもだからすごく未来が心配。別れよう。
  • 僕の友達と踊ったらから別れよう
  • 君は踊るのがすきでしょ。信じられないから別れよう。

 

ちなみに、このクラブでの出来事がなくても、こういった「嫉妬」や「不安」から別れを切り出されたりしたことがあります。

PONJA

何もしていないのに「不安だから」とか「嫉妬しそうだから」とか、根拠のない心配で別れ話につながっていたのです。

そう考えると、日本人同士で交際するよりも「嫉妬」は別れ話に直結してるな~と思いました。

 

愛情深いんだけど、その分「嫉妬」がそのまま「別れ」につながってしまうことがあるので要注意です。

「本当にただの男友達だから」と油断していると、「あいつと浮気してるんだろ」なんてことにもなりかねません。

 

外国人彼氏と交際をするうえで、トラブルを招く5つの行動

外国人 彼氏 海外

外国人彼氏と交際していて、これまでの「過去の彼女」の話をたくさん聞きました。

そこでみんなに共通する「絶対NG」の行動があることに気づきました。

その主な5つの行動をご紹介します。

 

  1. 嫉妬心を強くぶつける
  2. 嫉妬をあおる
  3. 強く束縛する
  4. 相手を追いかけ続ける
  5. 相手の浮気を常に疑う

 

1~2 嫉妬心を強くぶつける、嫉妬をあおる

外国人女性は、嫉妬心を強く表に出すことが多いです。

そのため、嫉妬すると「なんで○○なの」など、かなり強い発言をします。

 

あるいは、嫉妬をさせようと、わざと彼氏の目の前で他の男性と仲良く話したりすることも。

そういった行動は完全にNG!

特に彼氏が真剣に交際している場合は「嫉妬」というよりも、それを通り越して「悲しみ」を与えてしまいます。

 

「嫉妬」は愛情表現の一つではあるけれど、過剰にぶつけたり、過剰にあおるのは別れやトラブルを引き起こします。

 

3 強く束縛する

「○○に行かないで」「○○しないで」「女の子のFacebook友達、全員解除して」など、相手を強く束縛すると大変です。

国によっては、「1人で行く=浮気が目的」といった場所があります。

そのため、そういった場所に行くと言い出したら止めましょう。(笑)

 

しかし、そういったことがないのに、がむしゃらに「しないで」「いかないで」と言っても相手を窮屈にさせます。

その時はOKでも、少しずつそういった窮屈が重なって、ある日爆発してしまう可能性大です。

 

もし本当に彼氏が悪気がなくしていることで、嫉妬してしまったり、気になることがあれば「私は、こういうところに焼きもちやいちゃうの」と可愛く言えばOK。

それでもやめてくれない場合は、自己中心的な男性の可能性が高めです。

むしろ男性の性格を見て、交際自体を考えなおした方がいいかもしれません。

 

4 相手を追いかけ続ける

相手が「NO」と言っていたり、自分のことをあまり相手にしてくれないのに追いかけ続けるのはNGです。

むしろ、相手から余計に嫌がられる可能性があります。

 

例えば「距離を置こう」と言われた時に、「一切連絡をしない」くらいのスタンスでいる方が相手が戻ってくる可能性があります。

日本人以上に気持ちに熱い分、ドライになるととことんドライになる傾向があると思います。

特に外国人男性は「追いかけたい」という男性的な本能が強いので、追いかけ続けるよりも追いかけさせた方がトラブルや別れは回避しやすくなります。

 

5 相手の浮気を常に疑う

束縛することと並行して言われるのが、「浮気してる?」と頻繁に疑うことです。

南米では、仕事中であっても返事が遅いと「何してるの?」「なんで返信しないの?」とメッセージを送る女の子もいるほど。

そのため、男性は「今仕事中」と言ってもわかってもらえず苦労するのです。(笑)

 

逆に、私が外国人彼氏と付き合い始めたときに、そういったことをしなかったことから「大丈夫?本当に付き合ってる、僕たち」と聞かれたほどでした。(笑)

それくらい嫉妬深い女性た多く、浮気を常に疑っているということ。

そのため、そういったことをしない女性であれば、「君といると落ち着く」と言われるようになります。(笑)

外国人彼氏が「お金を貸して」は危険信号【本気だったら絶対やらない8の行動】

外国人の彼氏がほしい人限定、アプリで出会う特別な方法【私がゲットした方法です】