外国人彼氏に喜ばれる愛情表現、6つのポイント!

外国人 彼氏 海外

外国人彼氏と付き合っていると、彼からの愛情表現が豊かで「嬉しい!」の反面、どうしたらいいか困っていませんか?

日本人は他の国と比べても愛情表現が薄いし、いざ高度なスキンシップをされるとアタフタ。

 

私も、外国人彼氏と付き合い始めた頃に「どうしてたらいいのかな?」と悩んだことがありました。

でもいろいろ試した結果、これまで外国人彼氏と付き合ってきて喜んでもらえた愛情表現があります。

今回は、次のようにご紹介していきたいと思います。

  • 外国人彼氏の愛情表現に戸惑わない方法
  • 外国人彼氏が喜ぶ6つの愛情表現

 

外国人彼氏の愛情表現に戸惑わない方法

外国人 彼氏 海外

外国人彼氏からの愛情表現って、とってもストレートで嬉しいものばかり!

いつも「可愛いね」と言ってくれるし、どんな時でも「君が1番だよ」と言ってくれるので、ついつい「え~!うそ~!」とついついツッコミそうになる日本人気質。(笑)

でも、こういったが外国人彼氏の愛情表現って、いたって本気。

 

だから、私は外国人彼氏からの愛情表現に戸惑わないようにしている方法は、外国人彼氏にとって、「可愛い」「キレイ」は「君がぼくにとって一番だよ」と言っていることと同じだと思うようにしています。

PONJA

 

例えば私が「(私の友達の)○○ちゃんって可愛いよね~(本気で可愛いと思っている)」というと、彼の反応は・・・。

外国人彼氏Dくん

いや、PONJAの方が可愛いよ。もし、僕が初めて君と出会ったときに○○ちゃんがいたとしても、他の人がなんと言おうと、間違いなく君を選んでる。

 

と、かなり真面目に「友達より私の方が可愛い」と言ってくれます。

嬉しいけど、「え・・・ありがとう。」と、驚いてしまいました。(笑)

私としては「可愛いよね~」と同意されると思っていたのです。

それに、「他の人が何というと」ってあたりで、「Dくんだって可愛いって思ってるじゃん」って突っ込みたくなったけど、それくらい熱く語るってことは、Dくんにとっては私が大事って言いたいってことだよね、と心の中にすべての言葉をしまい込みました。(笑)

 

あるときは「姪っ子可愛いでしょ~」と、私の4歳の姪っ子の動画を見せました。

するとDくんは「姪っ子ちゃんももちろんかわいいけど、僕にとってはPONJAの方が可愛いよ」と言ってくれました。

「4歳と比べて可愛いって!」、と突っ込みたくなりましたが、そこで言うべき言葉は「ありがとう~!」です。(笑)

 

こういった経緯から、私は察したのです。

「可愛い」「キレイ」という言葉は、仮に彼が本当に思っていたとしても、それ以外に「君が僕にとって1番の存在なんだよ」と言っている意味なんだと。

 

それに、私が悩んでいたり、問題にぶつかった時には、外国人の女友達も外国人彼氏Dくんのように褒めてくれます。

「PONJA、自信を持って。あなたは可愛くてきれいなんだから、すぐに解決できるよ」と励ましてくれるのです。

 

見た目に自信が持てない時って、気持ちがうつむきがちになったり、ネガティブに考えてしまいがちです。

でも、外見を誰かに褒めてもらうと自分の自信につながりますよね。

こういう励ましって男女関係なくしてくれるのが外国人なんだな~と思います。

 

だから、外国人彼氏からの愛情表現は「可愛い、キレイ=君が大切だよ」と言ってくれていると思えば、「そんなことないよ~」とか「私なんて全然」と否定することはできないですよね。

自分に向けてくれている愛を否定するのは「アナタは私のことを大事に思っているとは思えない」と言っていることと同じです。

まずは「可愛いね」「きれいだね」という言葉を、「君が大切だよ」という言葉に置き換えて考えてみると、素直に「ありがとう」と言いやすくなります。

それに少しずつ慣れたら、素直に「可愛いね」「きれいだよ」という言葉をそのまま受け止めれるようになっていけると思います。

 

外国人彼氏が喜ぶ6つの愛情表現

外国人 彼氏 海外

外国人彼氏が自分のことを大切に思ってくれている、豊かな愛情表現は「大切にしたい」という気持ちの表れなんだと思うと、とっても嬉しいですよね。

でも、一方で私たち日本人の愛情表現は外国人彼氏にとっては「冷たい」と受け取られている可能性もあります。

「愛されている」「嬉しい」と思うだけでなく、それを相手にも感じてもらえるように愛情表現することで、相手にも喜んでもらうことができます。

 

私は外国人彼氏と付き合っていく上で、次のようなことを意識しています。

はじめは難しくても、ちょっとずつ自然にできるようになると思うので、もし「がんばれそう」と思ったら試してみてください。

彼が喜んでくれる顔が見れるので、きっとアナタも幸せな気持ちになれると思いますよ♪

 

1 相手を褒める

 

とにかく、相手を褒めましょう!

例えば、ちょっとでも彼のことを「可愛い」と思ったら「かわいい」と言う。

ちょっとでも素敵だと思ったら「素敵」と言う。

 

特に、自分を助けてくれたり、気遣ってくれたりすると「ありがとう」と言いますよね。

それと一緒に「頼りになるね」「一緒にいてくれて嬉しい。心強かった」などと言ってあげると、かなり喜んでくれます。(笑)

それがまた可愛いんですよね~。

 

彼が自分に言ってくれて嬉しい気持ちになるということは、彼にとってもその可能性が大!

これは試してみる価値ありです♪

 

 

2 愛してると感じたとき、素直に伝える

 

ふとした瞬間や、お互いに濃い時間を一緒に過ごした時、いろんな瞬間に愛を感じることがありますよね。

そういった時に「愛してる」と素直に伝えることが大切です。

 

ただ、これは注意も必要!

言いすぎると「愛してる」がちょ~~~軽い言葉になってしまいます。

雰囲気を読んで「今だ!」というタイミングで言います。(笑)

 

例えばセックスをした後、彼が優しく見つめてくれている時、サプライズをしてくれた時、心配して元気づけてくれた時など、きっと「今愛を伝えなければ!」というタイミングがあると思います。

そんな時に、素直に「愛してる」を伝えてみると、「僕も愛してるよ」と嬉しそうに言ってくれるはずです。

 

 

3 褒め言葉に謙遜しない、素直に嬉しいという

 

さっきもお話しした通り、「誉め言葉」は素直に受け取りましょう。

「君が大切だよ、1番大事だよ」と言ってくれている意味と同じなので、褒められたら「ありがとう」です。

それにプラスして、「アナタも、こんなところが素敵だよ」と言ってあげることができれば完璧!

褒められたら褒め返す!(笑)

 

それに、大好きな人から「可愛い」「キレイ」と言われると、女性は本当にキレイになっていきます。

男性も同じように「かっこいい」「素敵」と愛する人から言われると、より素敵な男性になっていく傾向があります。

お互いに一緒にいて魅力的なカップルになれるって、とっても素敵ですよね。

 

 

4 普段のお礼に、料理を作ってみる

 

いつも助けてくれたり、レディファーストで自分を優先してくれている感謝の気持ちに、愛情表現として料理を作ってみるのはおススメです。

料理と言っても、難しいものではなくてOK。

 

私が住んでいる南米では、南米女子が彼氏に料理を作るということは、ほぼ100%あり得ないことです。(笑)

逆に、男性が女性にふるまうことはあります。

そのため、「料理を作るね」と言って彼の好物にチャレンジをすると「え~~!!いいの!?ほんとに?」と、びっくりするくらい喜んでくれました。(笑)

 

すべての国とは言いませんが、ラティーノには通じる愛情表現だと思います。

私は彼の好物である「ロモサルタード」というペルーの料理と、日本の「おにぎり」を作りました。(笑)

おにぎりって料理って言わないけど(多分)、初めてみる食べ物に喜んでくれましたよ~♪

 

 

5 恥ずかしくても、言葉にする

 

実はかなり喜んでくれるのは、ちょっと恥ずかしいけど、セックスの時に自分の気持ちを「言葉にする」ということ。

「アナタを愛してる」とか「アナタだけ」「気持ちいい」とか、日本人に言うと「え・・!」ってなりそうなことだけど、かなり喜んでくれるのです。

 

日本人に比べて空気を読むということが苦手な外国人は、やっぱり言葉にされるとより理解しやすいんですよね。

だから、ちゃんと思っていることを恥ずかしくても言葉にすると、かなり燃えてくれます。(笑)

これはぜひ試してほしいです!(→そして報告してほしいくらいです。笑)

 

 

6 悪いなと思った時、素直に謝る

 

日本人の良いところである「悪いと思ったら謝れる」こと。

特にラティーノはみんな頑固なので、喧嘩をするとすぐに別れたり、1か月くらい話をしなくなったりすることがあります。

もう極端。(笑)

 

でも、日本人はそこまで頑固じゃない人が多いし、悪いと思ったら謝る文化がありますよね。

だから、素直に気持ちを伝えることができます。

これも一つの愛情表現だと思います。

 

「アナタと悪い関係でいたくないの」「アナタが大切だから」といった気持ちを一緒に伝えて謝ったり、喧嘩をしても仲直りをしようとする努力をすれば、相手からも「君って素敵だね」と言ってもらえます。(だいたいはこれで収まります。笑)

愛情表現は甘えるだけでなく、気持ちを素直に伝えることが大切だと私は思います。